FC2ブログ

その12

4/10~4/16

月曜日
出張で乗った関西本線だが、車窓から見える桜の景色がきれいだったね。ローカル線だから車窓からの風景が映える。桜のシーズンなので平日なのに観光客が乗っていた。旅気分で楽しい出張だなぁ。しかしローカル線、本数が少なくて1本乗り遅れたら次の車両は1時間20分後。見事に遅刻した。

火曜日
風が強かった。週末雨だったのにこれじゃ桜が散ってしまう。今年ほど花見に対してイヤミな年もないな。とこの日思ったが、この週末は桜が保ったね。

水曜日
社内にてLANの調子が悪い。
工場だから端から端まで中継が多いのだが案の状のハブ不調。ところで、以前から工場内設備の制御ソフトが動かなくなると、たびたび報告を受けていた。
バックグラウンドの通信ソフトを立ち上げ直すと復旧するので「これ、何らかの理由で通信エラーが出ると、そのままハングアップするみたいだね」で終わっていた。そしたらいよいよ動かなくなって原因判明。

これ、もっと大きい電力使う部分の話なら危なかったね。ちょっとした不調には気をつけるべきである。

木曜日
弟が引っ越しをするので新居での保証人を頼まれ、先日マンションの管理会社から電話が入る。
ところが出来の悪いアニメ声で私の携帯で聞くと何言っているのかほとんど判らない。内容は前もって弟から聞いているから空返事で済ませる。変な電話勧誘であれやられる事思うと、私の対応は正しくない。

後日、弟が来て「よほど取りっぱぐれを気にしているのか、家賃の保険に入らされるんだよ」そしたらこの件で私は要らないのでは?

金曜日
ベトナム人の子供が死体で発見され、保護者会の会長が逮捕。最低の事件だ。
被害者は9歳だよ。「遺体に残された遺留物から検出されたDNA型の一部が男のものと一致」遺留物って・・・考えたくないね。

こういうのは正直理解し難い。以前スパ銭で風呂の中で女の子を隠しカメラを偽装した腕時計で撮影した奴が捕まった記事を見たとき「男湯に入っていい女の子を取るってどういうこと?単に女湯なら理解できるんだが」大抵の男ならこうだろう。

土曜日
海南へサイクリング。お勧めの快適なコースだが自転車コースの青ラインが付いていたね。ここもサイクリングロードの青ラインが引かれていた。割と有名なコースだけともっと賑わえば良いね。
なになに、和歌山県ではサイクリングロード整備を計画しているらしい。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/kenmin/web/201503/tokusyu3.html
tokusyu3-2.gif

待てよこの図、山のコースはそれぞれどの道を想定しているのだ?背骨に当たる南北のコースは高野龍神のサイクリングを推奨しているのか?特に私が矢印を付けた部分、これは道が解らないのだがもしかして425牛廻越えか?サイクリングコースにはお勧めとするには相当無理がある。

日曜日
通勤用の自転車用に某店でボトルケージを買うとボルトが付いていない。
店員に聞くと別売りとのことで陳列棚を教えてもらうがなんとボルト2本で千円以上。店員が「チタン製ですから」アホかお前は、ボトルケージを止めるボルトがどれほどの仕事を要求されるんだよ。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/egworks/zgkp4e64a7.html?sc_e=slga_pla
精密加工ってなんだ?用途に応じた品質があるんだよ。軽量と言っても鉄で一個3グラム台、軽量化がどうのこうのの話では無い。こういうの買うなら他で金を使え。
どうせ大した力かからないから樹脂製ならもっと軽い。だけとボルトの頭がもげたら取り外しに苦労するからここは金属か。

コーナンPROのばら売りコーナーでステンレス製が一個15円。
スポンサーサイト



その11

4/3~4/9
月曜日
源氏パイ
ちょっと変わったこのネーミング。何気にググったら「商品名には和風の名前を付けたいと考えていたところ、発売翌年のNHK大河ドラマが「源義経」に決まったことを知り、そこから「源氏パイ」と名付けられたという。」
素朴な疑問であるが何十年も知らなかったのは、調べるだけの値打ちを感じなかったからであるが、それにふさわしい単純な内容。それでもググれば出るのが今の時代。

火曜日
04191.png
「生クリームで仕上げた欧風カレー」。名前は期待させるのだが、特に美味しくもなく、まずくもなく、豪華でも貧相でもなく、感想でないなぁ、このカレー。レトルトだからこれが当たり前。

水曜日
今さらであるが吾妻ひでお「アル中病棟」を読む。(Amazon)
51a.jpg
最近見ないタイプの丁寧な画風。いわゆるマンガの絵でこの丁寧さは珍しい。このテーマの前作「失踪日記」がヒットして次に出たのが同人誌の再掲とインタビュー中心の本で、「描けなくなったんだな」と残念に思っていたが、期間があいただけある素晴らしい内容。もうちょっと簡素な線にした方が私の好み。

木曜日
私は温度調整のされた部屋が仕事場だが、この季節はエアコンの温度調整がヘタになる。23±2℃になかなかなってくれない。外気温が範囲外で室内温が範囲外だと温調が動いてくれなかったりする。なぜかいなと思ったらこの季節はエアコンなど使わないからヘタで不思議は無い。

金曜日
用があるので平日昼間に区役所に行ったら、混んでますね。羽曳野市役所よりずっと混んでいるのは人口の違いか。調べたら平野区の方が羽曳野市より人口が多い。記入用書類のありかが判らないから係に聞こうとしても、お年寄りに一行ずつ書き方を教えている。これじゃヒマかかるよな。

土曜日
玉川峡サイクリング。
一気に桜が咲いたと思ったら週末は天気が悪い。桜の季節にこんなイヤミな天候も珍しい。春野菜のおいしさが格別だったので、この季節は橋本経由のコース。

日曜日
ネットカフェで「僕たちがやりました」2巻ほど読む。(Amazon)
513346.jpg

若者の鬱屈がうまく描かれていて面白い。冒頭の「そこそこの人生でいい」などという何のひねりもない言葉は書かない方が良かっただろ、と思う。これは作中で底を流れる感覚として描けていると感じるからだ。しかしこういうのも若者向け漫画のテーマなんだなと。単行本を買おうかどうか迷う。マンガでこの手の暗さは本来買いたくならないのだ。

その10

3/27~4/2までの日記。アップが遅れているから自分でも判らなくなる。

月曜日
てるみくらぶの倒産が話題。
先に金振り込んだ人にとっては倒産というより詐欺に遭った気分だよな。などと思っていたらこのツイート。
4141.png

最後は詐欺だったんですね。現在旅行中の人も大変。自力で帰ってくださいってそれは無茶だ。

火曜日
「有給休暇を有効に使ってください」なる社内通達。
これまでに入院で4回、まとめて有休を取った私としては余ったら余ったでいいんだよね。有休が半分使って半分余ったら「今期もつつがなく過ごすことが出来ました」 でいいだろう。
私は半分くらいは使うのだが、さっぱり使っていない人が対象の通達だろう。

水曜日
病院帰りに難波地下街の居酒屋「鳥の巣」へ。
しょせん一杯飲み屋であるが、なんか質落ちてない?入ったけど残念だったなぁ。大阪のあちこちに店があるけど他の店舗はどうなのだろうか。質の低下を受けているのか、6時頃だったのだが客が少なかった。すぐそばにある同種の店舗は満員だったが。

木曜日
「白銀亭大阪あまからビーフカレー」
4143.png


アマゾンレビューを見ると上から下までありますな。私は個性派が好きなので良いと思う。しかしこれは元があって大阪の白銀亭の味。私はインディアンだと思ってた。

https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_28/
大阪甘辛カレーは白銀亭ではなく「インディアン」が発祥か。あの店は梅田に寄るとよると良くいく。味が気に入っているのと梅田紀伊国屋とジュンク堂の両方に近いから。梅田でふらりと寄る場所はやはり大型書店だろう。

金曜日
阪急電車「なにわ筋線」乗り入れ、十三駅に地下新駅
https://kansai-sanpo.com/naniwa-hankyu/

十三の街は好きだが阪急に乗り換えるしかないアクセスは好きでなかった。地下駅ができて乗り換え無しでいけたら朗報。七藝で映画見てから安酒場に浸るのは悪くない。でも2030年からか、そのときは私はこういう遊びをする歳ではないな。

・うめきた新駅~十三地下駅は約2km、ちなみに十三駅~新大阪駅は約2km
 新大阪に通じているのはいいね。
・うめきた新駅(北梅田駅)は2023年3月開業予定。
また梅田ダンジョンが広がる?あの街の進化にはついて行けないねぇ。

最近話題になったツイート。駅名を北梅田駅にするとパニクる人がまた増えるかと。
4142.png

土曜日
アマゾンで買った「しくじった皇帝たち」
後半の章、幸田露伴「運命」の批判がいかにも高島俊夫らしい文章で、ぼろくそにけなしている。返す刀で漢文調で書いてあるだけでありがたがる人を批判しているが、この人は漢文訓読も大嫌いなんだよね。

日曜日
寒の戻りが強く、朝に外へ出ると吐く息が白かった。4月に入ってこれはないだろう。子供の頃、3/31に雪が降った記憶がある。記憶違いだろうと思っているが、あり得るか。
この日は私の兄弟で会ったので、弟の息子に古い自転車をあげようと思ったが、まだ背が低くて乗れなかった。私のサイズだと175cmはないとまともに乗れないようだ。

その9

月曜日
保険屋から更新の案内が来る。
しかし、4回も手術で入院してみて解ったのだが、生命保険てのはそんなに役に立たない。健康保険が役に立つからだ。解約して掛け捨てりの傷害保険にするかね。

火曜日
またバッファロー製品が早くに壊れた。
今回はUSB-RS232C変換ケーブル。こんなんそうそう壊れるか?とにかく相性が悪いので買わないことにしているが、
今回は仕事で使う部材の備品として付いてきたから仕方ない。

ビデオキャプチャから始まっていくつ不具合に見舞われたか。これが世間でも普通ならとっくの昔に倒産しているべきメーカー。私との相性が悪いのであるが、なぜなんだろうね。

水曜日
海軍カレー
無98題

辛さ抑えめ、トロトロに煮込んだ雰囲気を出していない。ごろごろした野菜の食感。これ、海軍というよりアウトドアで作るカレーの味によく似ているね。
ところで、白子のりがカレーを作っていたのは意外。

木曜日
東京へ出張。ふとしたことで手が震える事に気づく。また病気が悪化している。少し前に医者を予約すると、担当医が病院を辞めちゃったんだそうで。薬やめるのと放射能飲むのを私に勧めた医者に、病気が再発してからやめられてもなぁ。この点が私の通う病院の問題点。

金曜日
しかし築地移転っていつまで引っ張るつもりなんだろう。安全面なら移転した方がいいに決まっているが、安心できないはタダのイチャモン。というか人間に対してこれと同種の言葉を言うと間違いなく差別問題になる。都知事はどこで判断を間違えたのか。

土曜日
新しい自転車で試走。自転車の乗り味ってフレーム替えたら変わるものだな。次に買い換えるかどうか解らないけどそのときはクロモリを選ぶだろう。

日曜日
最近はアマゾンで本を買うことが多い。
数学の解説書「天書の証明」。天書とは、「放浪の天才数学者」と呼ばれるポール・エルデシュが言っていた「ザ・ブック」のこと。ザ・ブックに載るにふさわしい数学の証明を紹介した本。

これは残念感が強い。内容は羅列した感が強く、面白さを伝える気が感じられない内容。数学の本は解説しているようでただ並べただけの本がよくある。私は素人なので、素人が理解できるよう一生懸命かみ砕いて説明した本や、こんなに面白いよと伝えようとしている本が好きなのだ。そういう作品のひとつである「nと2nの間に素数がある」を通してこの本を知ったので、期待していたのだががっかり。

カバー見返しにいきなり誤植があるものもひどいと思った。ちょっと多すぎませんか?
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~kanie/tosm/proofftb/err_cor.htm
こういうのに出会うとやはり本屋に行かねばと思うのだが、本屋も出来のよろしくないことが多い。

その8

月曜日
最近のスパムメールは「融資審査完了」とか書いてくるのが多い。
押し貸し等の被害に遭うかも知れないとか。詐欺メールには実際に電話を掛けて遊ぶ人がいるけど、これを電話で確かめた人はいるんかな。

まず相手は「融資の件ですか?」と来るたせろうね。
「はい」なんて言ったら
「それではお名前、ご住所と連絡先電話番号を」
当たり前の展開だよな。金の貸し借りなんだから。

「いいえ」と言ったら
「いたずらはやめてください」
これも当然だよな。逆に返されてしまう。

とはいえ「妙なメールが来たのですが」だったら会話が先に踏み込めない。相手がいくらでもごまかせる。昔よくあった、相手を逆におちょくる展開に持っていく方法が思いつかない。

火曜日
123.png

ミル付き七味唐辛子。七味唐辛子をミルですりつぶしながら使う。
無駄な事をしているなぁ、と思いながら買ったが美味しいではないか。詰め替えを買って使っていこう。

水曜日
仕事で使うライターを買ったら、スイッチが硬い。
不良品かと思ったら子供の誤使用防止で硬くしているとのこと。使い捨てライターが出て何年経つ?何を今さら感が強い。

ところでライターを買ったのは持ち歩いてる人がめっきり減ったから。仕事でたまに使うライターなどはその辺の人に「火貸して」でよかったのだが、その人が少ないのだ。良いことだと思うけど禁煙が浸透してますね。使い捨てライターの価格が上がっているように思えるが、需要が減ったからだろうか。

木曜日
「風吹けば桶屋儲かる」
因果というものは巡り巡るもので、思わぬところに思わぬ影響が出る。が意味だと思うがwikiを見ると「北海道では風が吹くと桶の水が氷結して桶が壊れる」
これじゃ巡ってないよ、ダイレクトだよ。

金曜日
赤からカレー
1234.png
一口食った瞬間、赤唐辛子の味がして「これ違うだろ」と思ったが、食べ続けるとこれ、ベースが甘口のハヤシライスでは?色々と違うんだよ、世間のカレーとは。しかしこれが結構いける。個性の出し方が気に入った。

土曜日
休日だが職場の工事立ち会い。とは言っても事務所にいるだけなので読みかけの本を読む。日本では昨年映画が公開された「世紀の空売り」

サブプライムローンの破綻を書いた作品だがこれが面白い。世の中が破滅に向かっているのにみんな気づかない、気づいていないふりをしている。そこに現実を知る人物が奮闘する(実際には逆手にとっての大儲けなのだが)。皆が狂っている世界で正常な人間が逆に狂っていると言われて苦しめられる。SFにもよくある、そういう図式にも読めるんだな。だから読み物として面白い。

最後にははじけたアメリカの住宅バブルが、投資銀行によってあおられており、その破綻に気づき、空売りという賭けに出たいた少数の人物の行動が書かれている。一人の視点ではなく、破綻に賭けた人が数グループ登場するのでチョビチョビ読むより一気に読んだ方が良い。

しかし、アマゾンの低評価でいろんな人が書いているが、読みにくい部分が多い。著者の気質によるものなんだろう、理解し難い比喩表現があちこちに出てくる。大抵は「アメリカンジョークは解らん」と、ささっと読み流せば良いのだがそうでもない、ストーリーの中心部分の話も出てくる。時々、該当する部分に関してネットで解説を読んだ。

特に人間の第一印象にはろくでもない表現が見られる。アマゾンで星2つの人が例を挙げているが、これも著者の性格によるものなんだろう、他にもいっぱい出てくる。私はリップマン登場のシーンを読んで「どんな容貌かイメージできないよ」と思った。

ところで映画のタイトル「マネー・ショート 華麗なる大逆転」この副題は違うだろう

日曜日
実家の近くにあった餃子専門店「味力亭」
世間の餃子より一回り以上小さく、焼き加減もよろしくない。具も少ないので焼きすぎの皮が口の中で主張する。京阪神で王将より良くない餃子を出す餃子専門店は潰れるしかないのになぜ保っているのか。ネット検索で驚いたがこの店が複数店舗あるのが不思議で仕方ない。日曜の6時過ぎに入ったのに私しかおらず、帰るときに一人来ただけ、この味ではそりゃそうだ。すぐ横にあるホルモン屋は外に人が待っていた、明暗分かれている。
カウンター
プロフィール

ac200v

Author:ac200v
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR