FC2ブログ

その95

月曜日
話題となったシャブ山シャブ子の演技が薬物中毒に対する偏見だとの意見が出ている。その人の意見を読むと私も覚醒剤中毒には偏見があるようだが、文句は川股軍司に言ってほしい。
あいつの事件は衝撃であった。覚醒剤やってると最後はこうなるんだ、と当時は思った。「人間やめますか」のコピーは半分くらいあいつのことを言っていると思う。
DMmTEEQ.jpg
10年以上前だったか、ネットの何気ない質問「川股軍司は出所したのか?」も読んだ瞬間に背筋が寒くなった。
「出所した」「していない」「病院から出られない」の意見があったが私の予想では3番目。実は予想では無く、単に私の希望なのである。
刑務所内の噂として「独房の壁に自分のウンコで絵を描いている」と紹介したのは花輪和一。

川股軍司を知っていたらシャブ山シャブ子くらいの演出もアリでは?と思ってしまうんだな。

火曜日
ISO内部監査
昨年よりも形骸化が激しい。ISOに基づく計画立案、進捗管理、従業員に対する勉強会。全部が足りていないからである。特に環境であり、うちの会社では品質と環境が統合された規定となった。そしてこれは経営、事業活動の目標でもある。

例えば経営の目標に輸送費低減があり、これは環境目標でもある。
輸送費はつまるところガソリン代に比例するので輸送費低減は環境に貢献する。しかし運送屋との価格交渉で下がった分については環境に入らない。輸送費/出荷量が管理項目なら、輸送費は客持ちの製品が増えると経費は下がるが環境には関係ない。環境で見た場合の貢献度の算出がどこにも無かった。外部監査でなぜ指摘されていないのか。

水曜日
ツイッターのタグ#クソ物件オブザイヤー2018が面白かった。
色々あったけどヤクザの武器庫というのは強烈ですな。
https://twitter.com/emoyino/status/1062472906695880704
181121-1.png

私もネタを一つ持っていたのでツイッターに上げる。
https://twitter.com/EDO_0/status/1062697818748420096
181121-2.png
写真は車窓から。こういう企画があるなら大阿太駅で降りてもっと解りやすい写真を撮っておいた方が良かったかな。近いうちに実行してブログにアップしようかと思う。

木曜日
東京出張
パーティーで飯食って帰るだけの用事で大阪ー東京日帰り往復ははっきり言って好きでは無い。12時前に帰宅。

金曜日
会議の議事録を書くのに、板書をコピー印刷できるホワイトボードがあるが、気がついたら壊れていても気にならなくなった。手持ちのカメラに写した方が手っ取り早いからである。

客先から製品に使う色調の提示がいい加減だったので、もう少し具体的に色を提示して欲しいと頼む。どうすれば良いのか聞かれたので「ペイントでもエクセルでも好きな色作ってカラープリンタで出力してもらえば良いでは無いか」と回答。昔は色見本帳を貸し借りしたが今ではこういう手もある。
色々と時代は変わった。

土曜日
岩湧山へ自転車登山。
登山口の四季彩館はなぜ飲食物を置かないのか。自販機とカップ麺とスナック菓子もあればいいではないか。HP見ると11月は2日間限定でカフェにするとあるが、基本土日をカフェにしたら運用経費の足しにならないのだろうか。パック式のドリップコーヒーでも安かったら文句は出ないだろう。ここから登る人が他より少なそうだったのが残念。

帰りに河内長野のスパ銭「風の湯」で食事と風呂休憩したが、食事が平均より高い。それでも客が来ていたら問題無いのだが風呂の客に対して少ない。飯の用だけで入店出来るようになっているのにそれはもったいないだろう。風呂は良いのになぁ。

どちらも惜しいと思う。

日曜日
実家でTVを付けるとマラソンをしていたが、終盤で自動車専用道路を走っていた。沿道の歓声で盛り上がれない。ゴール地点は競技場でも無かった。なんとも寂しい演出だね。

昨日のハイキングをブログにアップすべく記事を書いたが、最近ATOKがどんどん馬鹿になっている気がする。途中で学習内容をクリアしたらまだマシになったぞ。なんなんだ。
スポンサーサイト



その94

11/5-11/11
月曜日
「エクセルに画像を貼り付けるとやたら大きくなるけど圧縮するのってどうする?」と職場で聞かれる。あれ?今でもできなかったかな。自分のファイルを見ると小さい。昔は非圧縮で保存するからやたらでかくなった。EXCELだけは自前でも最新版使用が正しい。
調べると2016バージョンでは自動で圧縮される。ついでに見てたらEXCEL上でトリミングが可能。ペイントでトリミング加工していたのはいらなかったのか。画像選択後、EXCEL上部ツールバーの書式で行うから気づかなかった。まだまだ使いこなしが足りないな、と思っていたがもう2019が出る頃だ。哀しいかなWIN7では使えないよな。

火曜日
ここには書いたかな。職場で使っている試験機のバージョンアップがままならぬ件。
PC更新にソフトウェア更新は解るがハードウェアも更新なので価格がやたら高い。しかも現行のPCがいよいよ陳腐化するまでほったらかしにしていたのは最も気に入らぬ。この部分で見解を求めたら嘘の返事が返ってくる。

WINが7にバージョンアップした時、「ソフトウェアのバージョンアップはできないから今あるPCを大事にお使いください」とお願いしたのが過去の経緯??。こんなマヌケなお願いが来たらすぐに突っ込み入れているっつーの。
先週、定期校正があった際、作業に来たメーカーの技術者に「今度はきっちりとした返事をくれ」といっておいたがどうなるか。2,3日で来ないというのはまた暇がかかるんだろうね。

水曜日
出勤時の自転車で接触事故。
信号の無い交差点を通過したら、横から来た車がギリギリのタイミングで発車を試み、ギリギリで間に合わず、自転車後部をかする。車の発車時、私は車の目の前にいて通り過ぎる寸前だからこちらに非は無い。状況を見るとかすっただけなので「気をつけろ」ですませる。
2年以上自転車通勤をしていてこの一回が初めてか。コースは選んでいるのだが羽曳野市に入ると道が悪くなるぶん混むんだな。

木曜日
帰宅時に駅に着いた頃、強烈な下痢を催す。
早く改札を通過してトイレにと思ったが財布に回数券が無い。家に忘れたらしい。
切符を購入しようとしたら金が足りない。最小区間の切符を買って改札をダッシュで通過。改めてポケットに入れっぱなしの小銭を合わせたら金額がギリギリ足りたので降車時に精算。
色々ピンチが重なったこの日の帰宅であった。翌朝は雨だったので「あのとき雨合羽着ていたら終わってたかなぁ」とふと思う。

金曜日
ペットボトルのコーラのラベルを引っ張るとリボンになるやつ。また店頭に出てきた。昨年に見かけたときは「ラベル分別に貢献するアイデアか、大した発想だ」と感心していたが通期では無かった。単に年末のキャンペーンらしい。

土曜日
布施駅で輪行したら前輪のクイックリリースを忘れたことに気づく。
これまでに過去数回忘れているがパターンは一緒。いつもと違う場所動作を行ったときである。今回は滅多に利用しない布施駅で早起きの寝ぼけ状態で忘れてしまったらしい。
戻って駅を出て自転車をばらした場所に行くと、リリースはあれど反対側に止めるナットが見つからない。自転車が使えないので布施から上本町、平野と乗り継ぎ、6時に家を出て10時前の帰宅。サイクリングを諦める。

こういう日は不貞寝をするしか無い。

日曜日
昨日のリベンジで赤目-曽爾へサイクリング。紅葉狩り目的では赤目は早く来た感があるが、香落渓は丁度良かった。やはりどちらも見に行くべきだ。しかし名張曽爾線は工事中通行規制の無いときがあるのだろうか。

その93

10/29-11/4
月曜日
金曜日の出張の精算。
うちの会社は変わっていて新幹線のネット予約画面をコピーして判子をついて回すんだよね。無駄としか言い様がない。
コピーするのは「出張ナビ」のスクショ画面。ホントにわけわかんないでしょ?

火曜日
先週末から安田純平氏の帰国が話題。
普通手放しで喜ぶところが、彼についてはそれができなくなっている人が多いというのが問題点。

ウマルのビデオで「顔色良さそうに見えるなぁ」と思っていたが本当にいいのな、アップの画像が出るほど健康そうなのが確認出来る。億単位の金となる人質ならば待遇がいいのか?どういう生活だったんだろう。
181116.jpg
そしたら後ろ姿がさっぱりしているという指摘。見える範囲と見えてない部分で容姿が違うのは初期のサザエさんからある古典ギャグ。有名どころでは探偵物語のオープニング。
出国前に髪を切ってもらったんだろうけど、髭は残したのか。演出だな。

水曜日
会社が緊急連絡網として携帯番号と個人のメールアドレスを教えろとのこと。
前者は別に構わないが問題は後者。携帯はガラケーなので送受信に制限が大きい。そしたら自宅のPCになると、私はメールを見ないのだ。ネットで買い物をしたとか、そういう時だけ。私のメールアドレスは20年も使っているうちにいらないメールがどうやっても大量に来るから自然そうなった。

そしたら別のメアドにするか。
私はメアドをいくつ持っているか、数えたことが無い。一時期フリーメアドをいくつも登録した。昔はメールアカウントで届くメールの仕分けをする手法がよく行われていたからである。昔は今よりスパムが多い他にも、今はスマホを使った各種サービスが主流になったことで廃れた活用方法であり、フリーメールも数を減らした。検索掛けるとExciteメールは今年サービスを終了していた。私もかつて持っていて、知らない間にサービスごとアカウントが消えた事になる。
まだ生きていた休眠中のメアドを一つ掘り起こしてタブレットに登録。

木曜日
水曜日の朝に体重を量ると、私が設定しているリミットに近づいた。リミットを超えると飯を減らす、ダイエットは本格的に太る前に減らすのが楽でいい。
しかしそれほど飯を食った記憶も無し、と思いこの日の朝に測ると約1Kg落ちていた、たった1日である。月曜日の晩に飲んだ酒の影響が残っていたのだ。どうやらまだ飯を減らす段階では無い。

酒を飲むと水分で体重が増えるが、これが完全に元に戻るには私は丸2日かかり、月曜日の夜遅くまで飲んで水曜日の朝ではまだ不充分。これを逆から考えると週に最低丸2日、推奨3日以上の休肝日が望ましい事になる。元野球選手に一試合で何Kg体重が落ちたとかいう人がいるが、試合後のビールが多かったのだろう。

金曜日
案衛法の通知対象化学物質が更新されたので確認作業。こういうのはググると条文が上位に出てくる。
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/0000173891.pdf
毎度毎度思うことだが化学物質名に漢数字縦書きはやめて欲しい。誰も読めないから活用されてないよ、こんなの。
これ書いてて気づいたけどURL名もバカバカしいね。

土曜日
天川もみじ祭へ。今年は秋が短そうだと思っていたが、その分紅葉が見事で良い景色が見れた。ところで例年より自転車が多かった。どこかで宣伝されたのだろうか。私は毎年ブログで紹介しているが影響力は無い。

昨年買って気に入った天川村の写真を素材にしたカレンダー。今年は作っていないとのこと。良い写真が多かったのでそのまま使い回しても良かろうと思っていたのだが。

日曜日
スパワールドに散髪と風呂に入ってゴロッと横になったら目が覚めたら12時前。翌朝家に帰る。いらん金を使った。

その92

月曜日
経営者の本の流れで今度はサイゼリヤを読む。これ
「おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ」
51JH7hiLpf_.jpg

私はイタメシとワインが口に合わないので行ったことが無いのだが面白く読めたから、サイゼリヤが好きな人にはもっと面白いだろう。
タイトルで大きくかましているけど、本当に美味しい物は無く、豪華な料理でも毎日食べたいとは思わない。食べる人の要求に合っていれば美味しいと感じる。つまりは客のニーズをつかむ事こそ重要。よく考えればこの当たり前を、本のタイトルとして目立つよう変形させている。
トップとして売れないのを下の人間のせいにしないのはさすがと思ったが、そしたら問題点は、各要素が経営に与える比重は、これを細かく数値化しているのが読むべきところだろう。

チェーン店で味に格差があってはいけないというくだりには実に納得したが、ふと思い出す。王将の餃子は大型チェーン店の看板商品なのに、店による差が大きいね。どの店舗が美味しいかはたまにネットで話題になるようだが、私はマズイ方なら知っている。書けないけど。

火曜日
帰りにスーパーでメンチカツを買った
「ずいぶん油のベシャベシャ感があるなぁ」と思いながら食ったら夜中に気持ち悪くて目が覚める。
「ちょっと作り方失敗したんじゃ無いの?」と思っていたが水曜日の朝はひどい下痢。ちょっとじゃ無くて間違えてたと思う。食ってしまったから文句言いに行けない。

水曜日
アメリカ合衆国は「合衆」か「合州」がという話題があり、本田勝一が「合州」で本のタイトルにしたことは知られている。

しかし「合衆」は「合州、United States」ではなく共和制のことであるという説明は高島俊夫の読者なら知っている。これを細かく読んだ人がいるんだね。
https://blog.goo.ne.jp/gb3616125/e/a165e3c9eaefac05f89a9f974d86464e
面白かったのだが一番の読みどころはここだろう。

------------------
「アメリカ合州国」というのは本来は侮蔑的表現である。
 この表現を最初に用いたのが誰かはわからないが、これを広めたのは『アメリカ合州国』の著者である本多勝一だろう。本多は同書で次のように述べているという。

《改めて「合衆国」を考えてみますと、衆は people に通じ、あたかもさまざまな人民、さまざまな民族がひとつにとけあった理想社会であるかのような誤解を与えます。それが理想または将来の希望的現実であると好意的に解釈もできますが、現在は弱肉強食が“自由”にできる典型的社会であって、強食側にはいいけれど、弱肉側には実に恐ろしい国です。また州によっていかに法律や性格を大きく異にするかは、一度でもアメリカ国内を旅行した人は痛感したことでしょうから、「合州国」という名は正訳であるのみならず、その実状にもよく合っています。この「合州国」は、南北戦争当時のような分裂するかもしれない危機を、今なお包含しているという見方も、あながち全くの見当はずれとはいえないのです。ただ私としては、日本語として定着した「合衆国」を「合州国」に変更してやろうといった野心があるわけではなく、これはこの本のための個人的趣味に過ぎません。》

 このように、「合州国」という用語は反米志向の産物であり、しかも、「合衆国」などおこがましい、オマエラは「合州国」で十分だという、侮蔑的な要素ももつ。また、ある種の言葉遊びとも言えよう。いずれにせよ、表立って使うにははばかられる言葉であるはずだ。
----------------
本田勝一をパラパラと読んだ人なら解るだろうけど、いかにもこの人らしいという感想を持った。合衆について書いた高島俊夫のエッセイもこれまたこの人らしい文章だが、私は圧倒的に高島氏の方が好きですね。

木曜日
渥美俊一選集1(アマゾン)
51SOTwe2s_.jpg

経営コンサルタントであり、最近読んだサイゼリヤとニトリはどちらもこの人の主催するペガサスクラブの会員。ならば一冊買ってみるかとアマゾンで購入。
読むと、ニトリとサイゼリヤの本にて経営に対する姿勢で表現が被っているのはこの人の影響にあるようだ。

もともと新聞記者であり取材をした数多くの繁盛店の売れるポイントが並んでいるのが特徴。しかし全体に古く、原稿が書かれた昭和30年代の小売りというのはまだこんなのが主流だったのかと改めて思う部分が面白さでもある。この頃は一般家庭、個人でもツケ払いが普通にあった。

金曜日
東京出張
行きと帰りの両方で指定していた新幹線に乗らなかった。行きでは登るホームを間違えてしまい戻る間に発車。次ののぞみが新大阪発なので自由席も空いていた。
帰りは予定より早くホームに着いたら先に出る車両があってこれも始発の東京駅なので自由席に乗り込む。
そしたら東京発の座席指定は隣ホームの自由席の空きが見られる4号車がお勧めと言うことか。長いこと品川から乗り込んでいたので気づかなかった。

土曜日
高見山へ自転車登山
この日も天候には恵まれず。紅葉は山頂までは悪くないのだが山頂ではほとんどの葉が落ちていた。風が強いからではないだろうか。冬の山頂は強風による「エビのしっぽ」と表現される樹氷が名物だが、秋口から風が強いのでは無かろうか。

初めて「青の交響曲(シンフォニー)」に乗ったが悪くない。ただ、売店が混むから車内販売をアテにするのは良くないと思う。

日曜日
実家でTVを見ていると元刑事の人がコメンテーターとして出ていた。
そしてらしばらく前、誘拐殺害事件で知人に頼まれて独自捜査をして犯人を捕まえて有名になった人。家出人捜査に動いてくれなかった警察の面目が丸つぶれになった事件としても有名。
あのときは誰だったか忘れたがTVのコメントで「警察を誤解しないでください、このような宝石のように素晴らしい警察官もいるのです」と言ってたのが印象。警察の信用に対する最後の砦のような表現をしていた。
そしたらなんちゅー汚いしゃべり方の人なんだ。ネットで見ると経歴には疑問があるってね。ほとんどが交通課なのに情報屋に総額で億払った???

帰りにあべちかの串カツ屋「まる」でいっぱい引っかけたがしょうもない店でした。店員の動きが良くない。串カツは旨かったがその分だけ値段が高いのでお得感は無し。
カウンター
プロフィール

ac200v

Author:ac200v
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR