FC2ブログ

その126

月曜日
警官を襲った男、捕まって良かった。
不審者の画像を見て親が通報したとのことだが、なかなかできることでは無い。それだけ危ない状態だったと言うことか。拳銃奪って何がしたかったのかがよく解らない。

火曜日
家に帰ってPCを眺めているとツイッターから地震情報。地震はツイッターが早い。
震源地が新潟で津波注意報が出ていた。夜の10時過ぎてから避難しなけれればならない。停電とかあったら大変だよ。自然災害というものは人間の都合を無視するものだ。
翌朝、大きな災害には至らなかったようでほっとする。

水曜日
数日前に年金返せデモなんてのがあったらしい。
ずっと前から指摘されているがいま年金貰っている人は年金が特なのである。ホントに耳揃えて返して後は払わないとなったらどうするつもりだろう、生活保護に頼るのか?。
いまから年金貰う人が払い始めた歳から現在では平均寿命が10年以上延びている。今まで通りでやっていけるわけないんだよ。なんともけったいな抗議である。

https://news.yahoo.co.jp/byline/nakatadaigo/20190614-00130171/
制度改正は2004年とのこと。私の雑な記憶でもそんなとこだった。この頃から議論はあったわけで、デモの人はいったいいままで何を。

木曜日
「消せるボールペン」30年の開発物語
41R7rl0Tf200_.jpg
地味な本だが面白い。
この商品は温度で色が変わる色素を使用したものだが、変色が透明であること。そして通常の温度では消えず、ゴムでこすった温度でちょうど消えるように設定してある。さらにボールペンで使用できる大きさのマイクロカプセル。地道な改良で最初の開発から30年かかったとのこと。開発物語なので内容は面白いのだが読み物としては地味。

しかしもっと早くから活用すべき商品であった。先日の出張でも規格書に書き込みしまくってオーブンに放り込んだら全部消せるのが便利。また書類棚に戻せる。しかしー20℃以下に冷やすと落書きは復活するとのこと。

金曜日
前日の昼にニンニクがどかどか入ったラーメンを食ったが、この日の朝にくさいと言われる。
朝、歯を磨いて朝風呂に入って下着を替えて出社しているのになぜだ、と思ったが確かに自分でもにおう、体臭になっている。私はニンニクを食うときは量が多い。昨晩はニラを一束食ったな、迷惑な奴だ。

これを書いていて「一束 一把」の違いが疑問になったが、単位としては一把を10集めると一束らしい。「把」は把握、把手の字で片手でつかむ、「稲束」は抱えて持つイメージがあるから単位の順序として正しい。そしたらスーパーの野菜を「一束」と書くのは間違い?

土曜日
蔵王峠越えのサイクリング。帰りにやっちょん広場で桃を買った。これが地元品なので安くてうまい。
安くてうまいことは知られていて、贈答用の箱を数箱まとめ買いするのがむしろ普通。サービスカウンターのスペースが広がっていた。私も10個買ったので橋本で輪行して、河内長野乗り換え。荷物が多いんだ。

日曜日
本屋に立ち寄る前にチケット屋で図書カードを買ったのだが、5000円が4800円で4%引き。図書カードの割引き率は大きくない店のはずだが安くなっていた。私がこれまでに一番安く買ったのは5%引き。もしかして本屋が減少して売り上げも落ちていることのあらわれでは無いかと少し考える。二冊買うつもりが一冊置いてなかった。そしたらネットで買うかと思ってしまうんだな。

実家でTVを見ていたら原田伸郎が出ているCMを見て「カツラだね」と母親。目がかすんで本も読めなくなった婆さんに一目で指摘されたらあかんだろ。
スポンサーサイト



その125

月曜日
香港デモが話題。
とにかく中国政府は中国人にも信用されていない。
しかし香港は陸続きで水も電気も本国からだと、抵抗しきれないよ。問題となる引き渡し条例は後日撤回されたとのことだが、実際この後は解らない。

火曜日
職場の下請け会社、FAXで指示書を出したがインクのかすれたFAXで受け取って数字を読み間違い、不良を出した。令和なのに昭和みたいなミスである。FAXが未だに現役であることも少々問題か。
FAXは21世紀には無くなると言われていたのに長持ちしている。

水曜日
プレス機の圧力が上がらない。
パッキンが摩耗したのだが、メーカーに注文したところこれが高い。もう20年以上前の商品で補修部品が無くなっているのが言い分だが、暴利じゃねえかと思うほど高い。それでも買わなければならない悲しさ。

木曜日
うちに来る商社にいつまで経っても素人の知識しか無い人がいる。新規案件の提案をしているのだが、さっぱり伝わらない。これでは相手側のメーカーにも同じ事を最初から説明する必要がある。
などと思っていたら、うちの営業が自社製品の性能表の物理単位を理解できてなかった。30年仕事をしていて部長なのでいかに営業としてもどうしたもんかいなと思う。

金曜日
東京出張
ずっと昔に作った規格が古すぎて更新する必要があり、そのための会合なのだがこれが厄介。一言で説明するとお金にならない商品なのだ。それにしては試験にお金がかかりすぎる。

土曜日
郵便受けにマンション管理会社からゴミ出しの注意ビラが入っていた。廃棄にお金がかかるものをしれっと出す住人が僅かだがいる。先日はTVが出されていた。

この日マンションに住んで初めてのNHKの訪問。
「ここケーブルTVだろ。そもそもそれに契約していない」旨を話すとその一言で帰った。これでいい、私はスクランブル化に賛成。何より無用のトラブルが無くなる。

NHKのネット同時配信について最近の記事。
これを民放が倣うとロカール局が潰れるとのこと。そらそうだろう。
http://agora-web.jp/archives/2039449.html
-----------
しかし日本では2006年の著作権法改正で、IP再送信は通信(自動公衆送信)とされて個別に許諾が必要になったので、権利関係の複雑なテレビ番組のネット配信は不可能になった。地デジの再送信だけは例外として放送エリアを県域に限定して認められたが、民放はエリア内しかネット同時配信できない。
このIP再送信の規制は、民放連が文化庁に政治的圧力をかけてつくらせたものだ。地デジが全国にネット配信されると、キー局の番組を垂れ流して電波料(キー局からの補助金)を取っている地方民放のビジネスが崩壊するためだ。

地方民放は売り上げ数十億円の中小企業だが、民放連の絶対多数を占めてその意思決定を支配し、民放連は系列の新聞社の政治力を使って自民党に圧力をかけ、自民党は官僚機構を使ってネット規制を強化する――この倒錯した構造は、数の多い小国が国連の意思決定を支配する構造と同じだ。

こういう民放の古い産業構造を守ってきたのが、マスメディア集中排除原則である。これは放送法で地上波テレビ局の特定の企業の出資比率を1/3以下に規制する規定で、このためにキー局は地方民放を買収できない。

おかげでローカル広告しか収入のない地方民放は慢性的に赤字になり、その赤字をキー局が電波料(電波利用料とは無関係)として補填している。集中排除原則の目的は、放送法によれば「放送の多様性」を守ることだが、地方民放が独自に制作している番組は1割に満たず、なんら多様性に貢献していない。

しかしNHKは全国一体なので、東京の放送センターから全国にネット配信できる。これが民放連がNHKのネット同時配信に反対してきた原因だが、さすがに時代の流れには逆らえなかったのだろう。地上波テレビは衰退産業であり、もう守るべき既得権もないのだ。

-----------

日曜日
散髪がてらスパ銭に入ったのだが、妙なのがいた。
相当なデブの男をそれよりも年配のオッサンが全身丁寧に洗っている。手足はタオル使わず手で洗ってた。なんだったんだろうね。
露天風呂に入ろうと思ったら露天風呂だけにおいてあるTVが野球中継で人が動かない。

その124

6/3-6/9
月曜日
工場の設備関連で色々と取引のある会社が月末に倒産していた。
月末に注文書のFaxを入れたら「倒産しました」と返事が来たとのこと。

「あそこに頼んでいた○○、決済降りてたよな」申請がやり直しになるのはきつい。
「今頼んでいる仕事は?」「○○と○○と○○」
「仕事いっぱいあるだろ、なんでつぶれたの?」
人手不足で工員が集まらず、人件費高騰で資金が回らなくなった説が出た。会社の受け取りは手形でも工員には取っ払いだから、そうじゃないかな、とのこと。

火曜日
先週末、先々週のサイクリングで思ったことだが、川の水が少ない。
PAP_00001.jpg

この日、通勤でいつも走る大和川河川敷から川を見ると、干上がりそうなくらい少ない。ネットで見ると東海地方では水不足が深刻とのこと。もうすぐ梅雨なので土曜日は自転車登山としたのだが、こうなると早く雨が降って欲しい。

水曜日
福岡暴走事故。
高齢ドライバー事故はマスコミが報道する度合いを上げているようだが、今回のはそれが理由では無かろう。ドラレコ映像は滅多に見れない過激な暴走ですさまじい。ノンブレーキで100キロ近く出ていそうだ。画像が早回しで無いか気になった速度である。

「サカナとヤクザ」著者、鈴木智彦氏がランドナーでの大阪-東京走破を目指しているツイート。たぶん走っている間に梅雨入りだろうけど、大丈夫かいな。ランドナーの自転車旅行スタイルでやたら荷物が多い。これをそぎ落としたのが競技用途以外でのロードレーサー。

木曜日
この日は有給。
自宅マンションで排水パイプの洗浄作業があるので家にいなければならない。割とあっさりしたものだった。
午後から外に出たのだが途中で買った文春。川崎通り魔事件の犯人は若い頃、雀荘のメンバーとして働いててとにかく麻雀が強かったとのこと。また、雀荘ではヤクザの対応もしていたとのことで、それまで持っていた引きこもりの印象とはかなり違う。文春もよく調べるな。

新世界で串カツを食ったら外人観光規約が来ていて、衣を残していた。どういう食い物か知っておくべきですな。

金曜日
どうやら梅雨入りかな。朝から雨。
昼休みに関西電気保安協会から漏電を受信した旨の電話があり、私が受けたのだが、ものすごくマニュアル通りで電話が長ったらしい。

土曜日
ユーチューブでナイツの漫才を聞く。
最初はベタな言い間違いの連続をする、つまらないボケの漫才だと思っていたら「このネタ面白い」「このネタ構成がうまい」と思うのが出てくる。先輩芸人がすべるショートネタのあと、それをラップにするのがお気に入り。
長時間あるのにネタがかぶっていないとか。面白いやつらだったんだな。

日曜日
母親を自宅に呼んで弟家族と飯を食う。しかし我が家は客が来るようになってない。座布団もねぇな。
広いといわれたが、自炊して本棚と机を処分したから。でもやっぱり椅子に座る机はあった方がいいね。

その123

5/27-6/2
月曜日
「日本人のための憲法原論」面白い。
41X7EyAO.jpg

元々はこのツイートで小室直樹なる人物を思い出したから買った。「人文社会系のマッドサイエンティスト」いたんですね。
1906125.png

この本、「痛快、憲法学」を新たに構成したものだが前の本は構成がやたら読みにくくてどうしようも無かった。「北斗の拳」を挿絵に使って(憲法と拳法のダジャレだろう)取っつきやすい体裁にしたつもりだろうが、明らかに逆効果であり私はすぐに放り出した。今回買った本で改めて読むと、読む値打ちあります。ただ、終盤が駆け足過ぎるというか、残念に思えた。
読んでいて思ったのだが「この人の頭はむしろ理系では?」略歴を見るともともとは理系で京大理学部とのこと。

火曜日
東京出張
電車乗り換えで検索していて気づいたが「駅から時刻表」サービス終了していた。とにかく便利なサイトだったのに残念。時刻表形式で表示してくれるのが良かった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000002-mynavin-life
「完全無料、広告表示がないなど「商売っ気のなさ」が心配だったけれど、やはりビジネス面は難しかったか……。」
そういうことか。ネットはタダで手に入る情報が多いけど、甘くは無いんだな…。

東京駅ではコインロッカーが使えない旨の車内放送が流れていた。トランプの影響。

水曜日
出張中に通り魔事件。ホテルで朝飯を食いながらTVを見ていたがもうこの話で持ちきり。
後日の報道では犯人は携帯も持たず部屋からはTVとゲーム機程度しか出てこなかったらしい。いまどきネットを使わずに引きこもるのは珍しい。犯人には解らないことが多いようだが、死んでしまったからこれからもよく解らない。

出張中に傘の柄が折れる。手が滑って床に落としただけで持ち手の樹脂が折れてしまった。二日間の出張なので紛失する可能性が大きいと、なるべくボロいのを持って出たがボロすぎた。見た目が悪いのでビニールテープで繋ごうとしたが、コンビニにはおいていないことが多い商品。客先に着くまでに入った3件目のコンビニでようやく見つける。

木曜日
ツイッターがきっかけで「かごめかごめ」について思い出す。昔時々使っていたヨタ話。
1906121.png

以下はあくまでもヨタ話の類い。
------
「かごめかごめ」は周りが輪になる事で踊る様子を演じ、中央の人が目を隠してしゃがみ、暗闇に閉じこもっている様子を演じる。これは天岩戸神話がモデルの遊戯である。
そして天岩戸は日食の記録であり、アマテラス神は倭人伝の卑弥呼である。卑弥呼が死んだとされる年には早朝で日食が観測される。

「篭の中の鳥」→「岩屋の中の神」の置き換え。
「夜明けの晩に」→早朝の日食があった頃
「鶴と亀が滑った」→凶事が二つ起きた(邪馬台国の敗戦と卑弥呼の死)
「後ろの正面だぁれ」→「後を継ぐのは誰」。
邪馬台国で後継がうまくたたなかった事による混乱を指す。
遊戯でも後ろの人と中央の人(女神もしくは女王)と立場を入れ替える。

つまり「かごめかごめ」は神話のもう一つの姿であり、歴史を語り継ぐ断片である。
------

全部説明できる。ただしノストラダムス的解釈で、この解釈方法を使えば何でもアリなのだ。もちろんウソであり、「かごめかごめ」自体が江戸時代以前には見つからない。
しかし、天岩戸が日食であり、卑弥呼と関係している説はマジメに取り上げられている。「かごめかごめ」とつなげる部分がデタラメなだけ。

http://sundai.sakura.ne.jp/getsurei/2012getsurei/tanikawa/1207-02.pdf
ここによると結局、天岩戸神話を日食に結びつけるにも、その地域は特定できないとのこと。
個人的感想なら、皆既ではなくとも太陽がほとんど隠れた日の出は多くの人に目撃され、見た人はビビッたはずであり、戦争があったことと重なったため印象に残った線はアリだと思うけど。

金曜日
また中年ニートの事件、今度は殺される方。
単にニートだけでなく、ネットゲームで月30万円以上使っていた上に家庭内暴力であったらしい。そりゃ殺されても・・・。

ニートの高齢化はこれから更に問題になるだろう。私の雑な古い記憶ではニートがにっちもさっちもいかなくなるのは30代前半で限度だと思っていた。それは当時、同種の事件で話題になったニートがそれくらいの歳だっただけで今でもそのままで歳を取っている?だとしたらある意味ぞっとする。

土曜日
行者還岳
昨年の台風だろうか。トンネル東口の登山口は更に荒れていた。もうこの登山口からのコースは無いのと同じでは?
今では標準となった感のある90番登山口にしようと思ったが、西口の弥山登山口から登る。初めてであったが坂のきついこと。序盤は坂というより壁に近い。
初めてのコースだったので不安であったが運良く前に登っている人がいたので無事奥駆道に到着。帰りの方が危ないのだがヤマップに記録させたコースをたどって下る。便利な時代である。

日曜日
ビーガンなる菜食主義者が世間で話題になっている。やたら攻撃的に肉食を批判する。

この日のツイッターで教えてもらったのだが、ビーガンってベジタリアンの新語では無く昔からいる人で、動物性のものを一切摂らない、牛乳も飲まない人たちらしい。体に悪くないか?と思うがその答えはもう出ていて「体に良くない」。特にビタミンB12の不足が顕著だとか。
1906123.png

それでもビーガンなんかするのは、極左極右(右か左かわからんけど)の類いである過激な思考回路であり、それ故攻撃性が高いのでは無いかな。最近目立つのはきわめてマイナーな存在だけど、ネットの時代で連帯を強く持てるようになったからでは。などと想像。

その122

5/20-5/26
月曜日
GOOGLEがファーウェイ排除
さぁどうなる。武器持ってドンパチしていないだけでもう戦争ですな。

私のタブレットは2年前に買ったばかりのファーウェイ。この時期でもコスパを入れるとタブレットではほぼ一択の状態だったから仕方ない。私はネットの閲覧とGPS地図、PDFビュワーが用途のほぼ全てなので大して問題は無いと思うが、今後どういう不具合が出るのだろう。

そしたら後日ARMまでもファーウェイ排除。CPUが使えなければさすがに終わる?
「RISC-Vが急伸するかも」という意見があったが前向きだと思った。

火曜日
「カップヌードル 蘭州牛肉麺」
BBVIKg.jpg
コンビニのイートインで食って、まぁまぁかな「まぁまぁかな」と思いつつ、蓋の上の油をかけたら一気に不味くなった。
そんなんありかよ。思わずツイッターでカップヌードルのフォローを外してしまった。そしたらネットでは高評価なんだな。よくわからん。

水曜日
ウォン安がまた話題になっているようである。ドルウォン1200目前。
前は韓流ブームもあり、日本からの観光客が増えたとかいうが、今は関係が相当悪化している。日本は手助け、しない方がいいよな。

ところで私が覚えている前回はいつだったか、年代となるとおぼつかない。最近の話題でもあるので、ググるにも検索語を選ばないとスッと出てこない。「ワロス曲線」、「グランドワロス」等の2ちゃん語で引っかかる。2008年か、このときは1500ウォンを突破した。
くだらないときに2ちゃん用語は役に立つ。

木曜日
北方領土で戦争発言の丸山議員。酒乱らしい。
この日発売の文春の記事を読むとあんまりムチャクチャすぎて素直に読めない。誰かが話を盛ったのでは、と読んでしまうからこれという感想が出ない。静観というやつですかな。
全部ホントだったら、真っ先に話題となった戦争発言と合わせ技一本で辞めた方がいいのではと。

金曜日
午後からインテックスの展示会へ
併設していた農業関係の展示会、招待券が置いてあったので入ってみたが、コンテナ型の野菜工場、ドローンを使った生育管理、農薬散布。水位の遠隔管理。農業のイメージから外れてどんどんハイテク化しています。
IMG_5427.jpg

野菜用のLED照明。紫色の光を当てていたので「なぜこんな色?」と訪ねた。葉っぱが緑色なのはその波長は使わないからはね返しているのであって、その波長を省いたら紫色になり、エネルギー効率が良くなるとのこと。言われてみれば納得。
農業って新技術が入り込む余地が大きく開いた市場では無かろうか。

土曜日
高野山サイクリング
途中でパンクしたのだが、タイヤの側面を尖った落石に切られたもので、これは厄介。修理に時間がかかった。
私も滅多に経験しない珍しいパンクなのだがタイヤを見るとアンカーを買ったときのブリヂストン製。私の常番とは異なる。やはりタイヤには相性というものがある。私に合うのはVittoria。

日曜日
スパ銭に行ったついでに散髪。
千円散髪も1200円になった。安い散髪はよく人が変わるのだが、今回の人の腕は普通。以前、別の店に年配のオバチャンでうまいと思える人がいたのだが、店の経営ごと変わってしまったのでいなくなったのが残念。

なぜ年配で上手な人が安い散髪屋にいるのかというと、最近ツイッターで見かけたのだが散髪屋は長年していると薬品アレルギーを発症して辞めてしまう人がいるとのこと。安い散髪は基本的に整髪料とか使わないから、そういう店で復帰するらしい。あまり考えてなかったけど薬品アレルギーになる商売だね。

その121

5/13-5/19
月曜日
堀尾省太「刻刻」を読み終えた。
面白かったのだが、私がこの漫画家を気に入ったのは「ゴールデンゴールド」でのセリフ回し。この作品ではそれが出ていない。それだけ台詞を練り上げる能力が高くなったということか。
9784064233154_w.jpg
ところで、電子書籍でその後のエピソードが一話だけ100円で売っていた。本編は気に入っていたので買ったのだがホントのおまけ漫画で、これが100円は高いわ。

火曜日
もう少し先にインテック大阪で仕事関連の展示会があるのだが宣伝が繰り返してくる。
メールは当然、招待券が届いて、電話で紹介があって、また新たに宣伝パンフが届いた。招待券の一回でいいだろう、なぜこんなに熱心なんだろう。

水曜日
昼休みに宅配便が来ていたので受け取りの対応を行う。
判子を押そうとしてらディスプレイに書き込むタイプ。タブレットでも使うあのペンで書くと私の筆跡でも何でも無い。というか、かろうじて字と呼べるモノしか書けないのである。
でも受け取りはそれでいいらしい。

木曜日
若い女の子が倒れていてAED、心臓マッサージをするのか。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1990043.html
ツイッターでも痛いニュースでもいろいろ意見が出ていて、おふざけでも半分まじめな意見が多い。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1990043.html
これほんと完全な言いがかりでも訴えられたらどうしようもないのでは?手術後の麻酔が残っている女性患者にわいせつな行為をしたと訴えられた医者は、最終的に無罪とはいえ100日以上拘束された。

そしたらこの日に見たツイート。この指摘は秀逸だと思う。
0106021.png

金曜日
くだらないもののコレクションという趣味は
・誰かが集めなければ残らない物
・誰も集めていそうにない物
・集めるのにお金がかからない物
・集めてみると面白いものが見えてきそうな物
これらが揃うとコレクションの対象としてポイントが高いのだが、全部揃っていると逆に
「すぐに飽きる」世間で値打ちが出ないからである。

上に挙げた特性を全て兼ね備えたものにピンクチラシがある。くだらないもの収集を考えている人なら誰でも思いつくテーマ。しかし集めた人を知らない、やはり飽きるからだろう。
そしたらいたんだよ、こういう本が出ていた。
「赤羽駅前ピンクチラシ」
51FFmo0o.jpg
私もこういう感性が幾分ある人間なので、ちょっと感動モノ。
これ見てビビッと来た人は買った方がいい。
IMG_575300.jpg

土曜日
自宅マンションのベランダのパーティションが壊れていた。
昨年の台風だろうか、管理会社の依頼を受けた工務店から連絡があるまで気づかなかった。この日が修理の日、ボードを新しいものに取り替えたのだが、「非常時にはこれを破って通過してください」旨の張り紙がある。つまり破ろうと思えば破れる物だから破れてしまったと言うことらしい。
しかし私はベランダに出ないな。

日曜日
自宅のすぐ近くに古紙回収の会社がある。
コンテナが工場の前にあって分別さえ守れば勝手に捨てていい、便利である。すぐ手前が役所と学校ということもあるのだろうか、コンテナはすぐに溜まっている。
自炊した後の本を(スキャナで読むから背表紙、しおり、ホチキス等を外している、相手も文句は無かろう)捨てに行ったところ、30年近く前の雑誌が10冊ほど入っていた。
つい拾う。これだから私の本棚から本が減らない。
カウンター
プロフィール

ac200v

Author:ac200v
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR